個人事業主のクラウド会計ソフトとプランの選び方と手順!【実体験】

会計・確定申告

自分にあったぴったりの会計ソフトのプランをできるだけ安く使いたいですよね!
分かりますその気持ち。自分に必要のない余計な機能のために、余分なお金は払いたくないですもんね。

  • 自分にあった会計ソフトやプランは結局どれなの?
  • どうやって選べばいいの?

こんな疑問に、実際にクラウド会計ソフトを徹底比較し、実際に使った私が解説します!
実際に使っていないのに解説しているステマサイトより参考になることを保証します(^^)

自分にあったプランを最安値で利用することお助けをします!

クラウド会計ソフトの選び方、手順

結論から言うと、まずは「やよい青色申告オンライン」のセルフプランを無料で使ってみることです!

「えっいきなり、1つの会計ソフトを勧めてくるなんて、さては『やよい青色申告オンライン』の回し者だな!」と思われた方もいるかもしれません。

ご安心ください!ただの、イチ個人事業主です。
そして、これにはちゃんとした以下の理由があるんです。

  • 会計ソフトは大手3つの中から選べば間違いない!
  • その中でも『やよい青色申告オンライン』のセルフプランはだんとつにコストパフォーマンスが高い!
  • ただ、使いこなせるかだけが問題なので無料で試してみるのが1番!

順に詳しく解説していきます。

会計ソフトは大手3つの中から選べば間違いない!

たくさん会計ソフトを紹介しているサイトもありますが、大手3つから選べば大丈夫です!

下のグラフを見て分かるとおり、大手3社で9割以上を占めています。

「クラウド会計ソフトの利用状況調査」2019年3月-MM総研調べ

シェアが高ければ、それだけ評価されているということですし、分からないことがあればたくさん情報がでてくるというメリットもあります。

  • やよいの青色申告オンライン
  • マネーフォワード
  • freee

あえてこの3社以外を選ぶ理由は全くありません。

『やよい青色申告オンライン』のセルフプランのコストパフォーマンス

やよいの青色申告オンラインのセルフプランはコストパフォーマンスが高いんです!
大手3社の会計ソフトにはそれぞれ3つのプランがあります。
下の表がすべてを比較した料金表ですが、やよいの青色申告オンラインのセルフプラン(一番安いプラン)は、年額8,000円と他のソフトのプランと比べてもだんとつに安くなっています。

そして、やよいの青色申告オンラインのセルフプランの凄い所は、一番安いプランなのに使える機能に制限が全くないところです!

他の会計ソフトは一番安いプランは当然、制限が結構あります。
例えば、このような感じです↓↓

  • 会計freeeの一番安いプラン⇒レシートの読み取り機能が月5枚まで、消費税申告できない
  • マネーフォワードの一番安いプラン⇒請求書の一部機能が使えない


「えっじゃあ、やよい青色申告オンラインの安いプランとそれ以外のプランは何が違うの??」と思われますよね。
それは、下の表のとおり、電話やメールでの操作サポートや業務相談があるかないかの違いだけです!

分かりやすいですね(^^)
つまり、サポートがいらなく自分で操作できてしまえば、「やよい青色申告オンライン」のセルフプランはめちゃくちゃお得ということです。

まずは無料で使ってみる

自分で使えるか不安な方は無料でお試しで使ってみましょう!

サポートがいらなく自分で操作できるかは、使ってみれば分かりますよね。
「やよい青色申告オンライン」は無料で使える期間が一年間もありますので、自分でも使いこなせるか使ってみるのが一番です。

ちなみに「やよい青色申告オンライン」はメールや電話のサポートがなくても、操作できるようにとても分かりやすく設計されています。

このようにちゃんと会計初心者でも分かるようにいたるところに解説などがされています。
また、それでも分からない人のために解説サイトまで用意されています。

私も会計初心者でしたが、サポートなしで帳簿付け、確定申告をすることができました。
無料期間中に解約しても、何の違約金や制約もないので、まずは「やよい青色申告オンライン」の無料登録から始めてみましょう。

使いきれなかった場合

「やよい青色申告オンライン」 のセルフプランが使いきれなかった場合は、電話サポートのあるもう一つ上のプランにするか、会計freeeやマネーフォワードも使ってみましょう。

「やよい青色申告オンライン」 のセルフプランが使いきれなかった場合は、

  • 「やよい青色申告オンライン」 の真ん中のプラン12,000円
  • 「マネーフォワード」の一番安いプラン11,760円
  • 「会計freee」の一番安いプラン11,760円
が候補になると思いますが、「マネーフォワード」の一番安いプランも電話などのサポートはなく、「会計freee」の一番安いプランも電話もなく、メールのみです。
 また、「会計freee」の一番安いプランはレシート読みとり機能に制限があることや消費税申告できないことにも気を付けてください

「マネーフォワード」も「会計freee」も1ヶ月ではありますが、無料期間があるので、実際に使ってみるのが一番です(^^)

まとめ

『やよい青色申告オンライン』のセルフプランを無料で使ってみて、問題なかったらそれが一番お得だよ!というお話をさせていただきました。

会計ソフトを選ぶ手順
  1. 『やよい青色申告オンライン』のセルフプランを無料登録
  2. 使いきれなかったら他のソフトやプランを検討

ご自身にあったクラウド会計ソフトとプランを見つけていただければと思います(^^)

無料登録はそれぞれこちらから↓