開業届と青色申告承認申請書って同時に出せる?期限やタイミングなど解説!

開業届

個人事業主が開業届を出す場合、メリットがたくさんあるので絶対的に青色申告することがおススメです!(詳しく知りたい人は下の記事を参考にしてください)

青色申告は扶養内で働く主婦起業にもおすすめ!メリットなどを分かりやすく解説!

2019年9月18日

青色申告をする場合、開業届のほか「青色申告承認申請書」を税務署に提出しなければなりませんが、
  • 開業届と青色申告って一緒に出せる?
  • 青色申告の期限はいつまで?
  • どうやって出すの?

と疑問の方も多いと思います。

そこで、本日は既に開業届と青色申告をすでに提出した私が分かりやすく解説していきます(^^)

開業届と青色申告って一緒に出せる?

結論から言うと、開業届と青色申告は一緒に出すことができます!

税務署で開業届を出すときに青色申告も受け付けてくれます。私も同時に出しました。

後からも出せますが、二度手間なので、同時に出すことをおススメします!

  青色申告の届け出をしない場合は自動的に白色申告になります。

青色申告の期限はいつまで?

青色申告は、以下の2パターンが期限となります!

青色申告の期限
  1. 開業日から2か月以内
  2. 青色申告を行いたい年の3月15日まで

開業年度から青色申告とする場合は、開業日から2か月以内か、青色申告をする年の3月15日までが期限ということです。

青色申告はどうやって出すの?

青色申告の提出方法は、開業届の提出方法と同じ、以下の3種類です!

青色申告の提出方法
  1. 直接税務署に持っていく
  2. 郵送で提出する
  3. e-Tax(オンライン)で申告する

この3種類となりますが、どれも、「いまいちよく分からない・・」「知識もないし不安・・」「面倒くさい・・」と思われる方も多いと思います。

そんな人にとっておきの、簡単に青色申告を出す方法があります!

青色申告のおすすめな簡単な出し方

青色申告を簡単にできるおすすめの方法は、「開業freee」を使うことです!

  開業freee(フリー)は、クラウド会計ソフト(経理・決算などをインターネット上で管理するソフト)の業界シェア率TOP3の「freee株式会社」が提供する開業届提出用のツールです。
開業freeeがおすすめの理由
  • 青色申告の知識が全くなくても大丈夫!
  • あっという間に終わる!
  • 自宅で完結できる
  • 無料で使える!

私もこの方法で開業届と青色申告をしました(^^)

 

通常の開業届と比較した記事はこちらになります↓

開業届を個人事業主が簡単に郵送で提出する方法!【知らなきゃ損!】

2019年5月27日

まとめ

まとめ
  • 開業届と青色申告は同時に出せる!
  • 青色申告の期限は、①開業日から2か月以内か、②青色申告を行いたい年の3月15日まで!
  • 青色申告は「開業freee」を使うと超かんたん!
私が開業freeeで実際に青色申告した時の記事はこちら↓

開業freeeの評判や口コミについて!実際に個人事業主の開業届を作成してみた!【 経験談 】

2019年8月29日

少しでも役にたっていれば嬉しいです(^^)
開業freee公式サイトは下のリンクから↓